編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドビ、「Adobe Summit EMEA 2014」を開催--「Adobe Analytics」最新版など発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-15 13:31

 「Adobe Marketing Cloud」の契約者らは間もなく、デジタルな世界で創造力を羽ばたかせるためのさらなる力を得られるはずだ。

 Adobe Systemsはロンドンで現地時間5月14日から15日まで開催中の「Adobe Summit EMEA 2014」で「Adobe Marketing Cloud Exchange」の発表を行った。これは、デジタルマーケティングや分析プラットフォームのための新たな中核製品として既に確立されているオンラインマーケットプレイスだ。

 このポータルでは、同社と業界のパートナーらの双方によって開発されたサービスのためのアプリケーションや統合機能をホストすることになる。既にホストされている有名なサービスとして、Googleの「DoubleClick Digital Marketing」(DDM)や「Microsoft Dynamics CRM」「Tableau」がある。

 AdobeはExchangeが既に「数百にも及ぶアプリ」をホストしており、世界の1200を超えるブランドの顧客によって利用されていると主張している。

 またカリフォルニア州サンノゼに拠点を置くAdobeは14日、主にモバイル機器や予測マーケティング、リアルタイム分析といった分野における同社のデジタルマーケティングポートフォリオのアップグレードもいくつか発表した。

 以前は「SiteCatalyst」と呼ばれていた「Adobe Analytics」では、生データをリアルタイムで取得するためにTwitterのFirehoseを利用し、他のMarketing Cloud製品を横断してそれらのデータを使用できるようになる。こうした機能は2014年春から順次提供される予定であり、利用にあたっては「Adobe Analytics Premium」のライセンスが必要となる。

 「Adobe Media Optimizer」には、広告キャンペーンのパフォーマンスを最大で25%高めることを目的とした、予測マーケティング機能が新たに追加される。「Adobe Campaign」はタブレットからのキャンペーン作成をマーケターらに促すことでモバイル分野に食い込もうとしている。

 これらのアップグレードに先立ち、同社は3月にユタ州ソルトレイクシティーで開催した「Adobe Summit 2014」で、いくつかの製品の機能追加を発表していた。これらの動きはオーディエンスのプロフィールや広告のプランニング、コンテンツ管理ツールをモバイルチャネルやウェブチャネルを横断して統合するためのものとなっている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]