編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Dropbox、「Selective Sync」機能の不具合を修復--米報道

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-10-14 10:33

 Dropboxは米国時間10月11日、「Selective SyncM」と呼ばれる特定の機能で問題が発生したとの報告を「複数のユーザーから受けた」ことを明かした。Selective Syncは、自分が選択したフォルダだけがコンピュータと同期されるように設定できる機能だ。しかし、旧バージョンのDropboxソフトウェアのバグにより、同プログラムのシャットダウンや再起動が発生し、Selective Syncを利用するユーザーの一部ファイルが削除されてしまった。

 Dropboxによると、同社はこの問題を修正して再発を防止するために、以下の措置を講じたという。

1)この問題をDropboxから排除するため、デスクトップクライアントにパッチを適用した。2)すべてのユーザーにアップデートされたバージョンのDropboxクライアントを実行してもらうようにした。3)この問題の影響を受けるすべてのバージョンのDropboxクライアントを排除して、誰もそれらのバージョンを使えないようにした。

 Dropboxによると、同社はこのような問題の再発を防止するため、さらなるテストも導入したという。Engadgetが報じているように、Dropboxは影響を受けたユーザーの不満の解消にも取り組んでいる。

 Dropboxはそれが可能な場合、失われたファイルの復元を試みている。さらに、影響を受けたユーザーに対し、「Dropbox Pro」(月額9.99ドルまたは年額99ドルで、最大1テラバイトのストレージスペースを提供)の1年間利用権も提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]