編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、人気電子メールアプリの開発元Acompliを買収か

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-28 09:16

 Microsoftが人気のビジネス用電子メールアプリを開発したスタートアップAcompliの買収をまもなく発表するかもしれない。

 正式に確定する前に買収報道が出回るのはよくあることだ。しかし、公式ブログの投稿から流出するというのは珍しい。米国時間11月27日にThe Official Microsoft BlogのRSSフィードで知れ渡ることになってしまった問題のブログ投稿には中身こそ書かれていなかったものの、そのURLは「http://blogs.microsoft.com/blog/2014/11/25/microsoft-acquires-acompli/」となっており、「MicrosoftがAcompliを買収」と読める文字列が含まれていた。このURLは現在、「We're sorry, but we can't find the page you're looking for」(お探しのページは見つかりませんでした)と記載された404エラーページを表示する。

 米ZDNetのJames Kendrick記者は「Acompli」をレビューした際、BYOD(Bring Your Own Device)時代の「必須」アプリであると評価し、MicrosoftがiOS向けに提供するOutlookアプリの不足を補うものだとしている。主な特長としては、カレンダーが統合されていることや、多様なクラウドアカウントからのファイルが簡単に共有できることがある。しかし、Microsoftユーザーにとっての最大の利点は、「Microsoft Exchange」をサポートすることだ。同アプリは、MicrosoftがiOSと「Android」向けに提供する「Outlook Web App」の「Clutter」機能によって実現している賢い機能の一部も備えている。

 同アプリはExchange以外に、「Office 365」「Google Apps」「Gmail」「iCloud」「Yahoo」「Outlook.com」「Hotmail」「Live」に加え、「Dropbox」「Google Drive」「Microsoft OneDrive」もサポートする。

 ZimbraとVMwareの元幹部らが率いるAcompliは、2014年4月にiOSアプリをリリースし、続いて9月にはAndroidアプリをリリースした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]