編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シトリックス、「XenMobile 10」をリリース--ワークフロー改良など

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-14 13:09

 Citrixは米国時間1月13日、同社のエンタープライズモビリティスイートの最新バージョン「Citrix XenMobile 10」をリリースした。アプリおよびデバイスの管理の一元化と、生産性ツールの統合を目指すものだ。

 Citrixは発表の中で、ワークフローに大きく手を入れ、アプリの統合を進めるとともに、メールの優先順位付け機能や、カレンダーにおけるプライベートな招待機能といった生産性向上機能を追加したと述べている。エンタープライズモビリティ管理(EMM)に対するCitrixの取り組みは、「WorxMail」や「WorxNotes」「WorxDesktop」「ShareFile」といった同社のビジネスアプリを介したコンテンツ管理や生産性向上を中心にしたものとなっている。こうしたアプリはドキュメント作成や、バックアップ、ShareFileを用いたテキストや画像、音声、動画の同期や格納まで、あらゆることを取り扱う(規制やセキュリティに関する要件も満たされる)。

 XenMobileのこの新バージョンには以下のような特長がある。

  • デバイスの追跡やロック、ワイプ(データ消去)のためのセルフサービス型ポータルの改良。Citrixの試算によると、セルフサービス型ポータルによってモバイル向けのヘルプデスクが扱う案件の20%が削減できるという。
  • 米連邦情報処理規格(FIPS)140-2への準拠や、「RSA Adaptive Authentication」との統合、多要素認証によるデバイスのセキュリティオプションによる、セキュリティの向上。
  • 単一の仮想サーバからアプリやデバイスの管理を実行できるようにする新たな管理コンソール。統合化されたこのコンソールについてCitrixは、企業側で単一のポリシーを設定するだけで、そのポリシーが「iOS」や「Android」「Windows Phone」を含むさまざまなプラットフォーム全体に適用されるという点を売りにしている。
  • ネットワークアクセスのゲートウェイを制御するためのCitrixの「NetScaler」ツールとの統合。

 XenMobileクライアントアプリは現時点で提供されており、サーバに対する機能向上は第1四半期にリリースされる予定だ。


XenMobileのインターフェース
提供:Citrix

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]