編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

トレジャーデータとSRA OSS、「Fluentd」の商用サポートで協業

羽野三千世 (編集部)

2015-10-14 18:33

 SRA OSS日本支社と米Treasure Dataは10月14日、トレジャーデータが開発するオープンソースのログ収集基盤ソフトウェア「Fluentd」の商用サポートサービスで協業すると発表。同日、「Fluentd エンタープライズサポートサービス」を開始した。

 Fluentdは、トレジャーデータの創業メンバーが開発したOSS。現在は、同社社員とコミュニティが開発を続けている。大量に出力されるログデータを管理するソフトであり、大規模ウェブサービスやログを活用するビッグデータ基盤に導入されている。

 今回は発表した「Fluentd エンタープライズサポートサービス」は、Fluentdをビジネスシステムで利用するユーザー向けに、パッチ作成までを含んだ有償サポートサービスだ。Fluentdサーバ100台から1000台までのプランを用意する。SRA OSSが同サービスの販売とサポート窓口を担い、トレジャーデータが技術支援を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]