編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

HTTPSに必要なSSL証明書を無料で発行する「Let’s Encrypt」がパブリックベータに

ZDNet Japan Staff

2015-12-07 11:28

 電子フロンティア財団(EFF)は米国時間12月2日、無料で利用できるサーバ証明書発行サービス「Let's Encrypt」がパブリックベータになったことを発表した。

 Let’s Encryptは、Webの暗号化を進めるEFFの長期プロジェクト「Encrypt the Web」の下で始まった。Internet Security Research Group(ISRG)が運営しており、EFF、Mozilla、ミシガン大学、Cisco Systems、Akamai TechnologiesなどがISRGのスポンサーとして支援している。HTTPの暗号化通信に必要なサーバ証明書を発行する認証局(CA)の利用にあたって費用と複雑さの2つが課題になっており、これを解決することを目指す。ISRGは4月、Linux Foundationの協業プロジェクトになっている。

 Let’s Encryptは自動化されたオープンなCAとなり、無料で利用できる。同クライアントを利用することで、Webサイトは容易にHTTPS暗号化通信を利用できるようになるとしている。

 これまでクローズドベータとして運用しており、その間に2万6000件以上の証明書の申し込みがあったという。今回パブリックベータとなったことで、だれでも利用できるようになった。

 発行する証明書は標準のDomain Validation証明書で、ドメイン名を利用するすべてのサーバで利用できるという。プライベートキーはユーザー側で生成、管理され、Let’s Encypt側のサーバで生成、保存することはないとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]