編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Windows 10」、PCおよび「IoT Core」向けのアップデートがリリース--「Build 10586.63」に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-13 12:22

UPDATE  数日前「Windows Insiders」登録ユーザー向けに「Windows 10 Mobile」の最新版マイナーアップデートをリリースしたばかりのMicrosoftだが、このほどPC版「Windows 10」と「Windows 10 IoT Core」ユーザー向けに、同じビルド番号のアップデートをリリースした。

 Microsoftは米国時間1月11日、Windows 10 IoT Coreを「Build 10586.63」にアップデートした。また12日には、「Windows Insiders」プログラムに登録していないWindows 10ユーザーを対象に、新しい累積アップデートの提供を開始した。こちらもBuild 10586.63に指定されている。

 各ビルドの番号はいずれも10586.63であり、Windows 10の「November Update」(どちらも「Windows 10 Version 1511」として知られ、簡潔に「10586」とも呼ばれる)に対するアップデートになっているが、内容はそれぞれ異なる。

 Windows 10 IoT Core端末には、10586.63アップデートが自動的にダウンロードされる。Microsoftの短いブログ記事によると、これにより、IoT Coreのセキュアシェル(SSH)に新たな改良が加えられるとともに、「Windows Device Portal」の機能が強化されるという。12日のアップデートは、2015年末にIoT Core向けにリリースされたNovember Update(ビルド10586またはVersion 1511)に続くものだ。

 PCおよびタブレット向けに提供されたWindows 10を使用するユーザーには、10586.63はWindows 10 Version 1511に対する累積アップデートとして指定される。このアップデート(「KB3124263」としても提供される)には、Windowsと「Internet Explorer(IE)」に関するセキュリティアップデートがいくつか含まれており、これらは、Microsoftが2016年1月12日の定例パッチで公開したアップデートの一部として含まれている。

 Windows Insiderプログラムに参加していないWindows 10 Mobileユーザーは、筆者の知る限りでは、10586.63アップデートの提供をまだ受けていないようだ。一方、同じく筆者の知る「Windows Phone」ユーザーの中で同プログラムに参加している人には、1月8日に10586.63が提供された。Microsoftは、このアップデート版の内容についてほとんど説明していないが、Redditの投稿者でMicrosoft関係者を名乗る人物が、同ビルドに含まれる新機能としてマイナーだが具体的なアップデートをいくつか挙げている。

 今回のアップデートによって、重要かどうかはともかく12日から、すべてではないが多数のWindows 10デバイス上で、同一ビルド番号(10586.63)のWindows 10が実行できるようになった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]