編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

DIC、クラウド型の財務管理サービスを導入--財務管理の高度化を目指す

NO BUDGET

2016-01-29 08:00

 印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアを持つ化学メーカーのDIC(東京都)は、クラウド型の財務管理サービス「キリバ・エンタープライズ」を導入した。導入スピードや拡張の容易さ、費用対効果の高さを評価した。キリバ・ジャパンが1月28日に発表した。

 DICは、中長期計画の中で財務管理業務の高度化を目指して、グローバルでの資金管理の一元化を進めている。現在は、資金管理や為替管理、借入業務などをスプレッドシート中心で処理しており、効率化を図る必要があった。

 同社の欧米子会社は、キャッシュや流動性、資金調達、金利リスクなどのマネジメントを実施するトレジャリー業務を統合基幹業務システム(ERP)の中でモジュール化し、活用する仕組みを導入していた。しかし、導入にかかる費用や労力の問題からグループ全体に拡大するのは困難だと判断した。

 まずは、グローバルのキャッシュポジションの8割を可視化し、本社を含む子会社の資金繰りの自動化を図る。資金繰り自動化のために、キリバ・エンタープライズと既存ERPを連携させる計画だ。次のステップでは、資金管理、為替ポータルと連携した為替取引管理の自動化に取り組む予定である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]