アップルの「Swift」言語、ベンチマークスイートがオープンソースに

Steve Ranger (ZDNet UK) 翻訳校正: 編集部

2016-02-10 10:06

 Appleは米国時間2月8日、同社が生み出したプログラミング言語「Swift」のベンチマークスイートをオープンソース化したと発表した。なお、Swift自体は2015年12月に、一足先にオープンソース化されている。このスイートにはSwiftのパフォーマンスを追跡するための、ベンチマークやライブラリ、ユーティリティのソースコードが含まれている。

 Appleによると、このスイートには「Swiftの重要なワークロードの数々を網羅する」75種類のベンチマークとともに、ベンチマークでよく用いられる関数のライブラリや、ベンチマークを実行してパフォーマンス指標を表示するためのドライバ、Swiftのバージョンをまたがってベンチマーク指標を比較するためのユーティリティが含まれているという。

 Swiftは、AppleがCベースのプログラミング言語(CやC++、Objective-C)を置き換えるために、2014年に生み出した汎用プログラミング言語だ。

 Appleは、SwiftプロジェクトのコントリビューターらがGitHubへのプルリクエストを要求する前に、自らが変更した部分に対してSwiftのベンチマークスイートを実行し、潜在的なパフォーマンス上の問題を洗い出すよう奨励している。

 同社のSwiftチームによると、将来的にはSwiftの継続的インテグレーションシステムに対するサポートとして、プルリクエストに際してベンチマークが実行されるようにすることも計画しているという。またSwiftチームは、Swiftのベンチマークスイートに対するコントリビューションも奨励すると述べている。

 ただ、「Swiftのベンチマークスイートには、Swiftプロジェクトのライセンス体系が適用されるため、その他のライセンスに基づくベンチマークのポートは受け入れることができない点に注意してほしい」という。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]