編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
調査

企業でアップル製デバイスの導入進む--生産性向上やセキュリティなど高評価

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-14 11:46

 一部のITプロフェッショナルによると、ここ3年でAppleの「Mac」は企業の中で「Windows」PCからシェアを奪いつつあるという。

 これはJAMF Softwareが12月初めに発表した調査だ。調査は世界のさまざまな規模の企業に勤務する500人のITプロフェッショナル、マネージャー、幹部を対象としたもので、9月に実施された。なお、JAMF SoftwareはAppleのハードウェアとソフトウェアの企業向けサポートにフォーカスしている企業だ。

 調査では、96%が社内でMacをサポートしていると回答した。PCのサポートは92%、そして28%がChromebookをサポートしていた。

 「サポートする」とは、必ずしも広く導入されているということではない。技術的には、1台でもMacのノートPCやデスクトップPCをサポートしていれば、「サポートしている」ということになる。

 タブレットでは、「iPad」をサポートしている企業が最も多いという結果となった。81%が社内でiPadをサポートしていると回答したが、Windowsタブレットは46%、Androidは3分の1をわずかに上回る程度にとどまった。

 実際の台数はさておき、企業の中でMacが増えていると回答者が考えている点は重要だ。それを裏付ける理由は何だろうか?

 「OS X」をサポートする理由として、回答者の約半数が生産性の改善を挙げ、メンテナンス上のメリットを挙げた人も3分の1近くいた。特に後者のメリットについては、IBMが先に発表したデータでも指摘されていた。IBMよると、Macは従来のPCと比べて1台あたり270ドルのコストを削減できるという。IBMはこうした理由から社内でMacの導入を進めており、毎週1900台のペースであるという。IBMは、社内で使われている13万台のMacおよびiOS製品のサポートをわずか24人で行っていると述べている。

 職場でMacの導入が増加しているもう1つの理由としてセキュリティが挙げられる。調査では75%が「Mac OS Xはほかのプラットフォームよりも安全だと考えている」と回答した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]