プログラミング言語とは?

コンピュータに対する一連の指示であるプログラムを記述(プログラミング)するための言語。

コンピュータが理解できるのは、0と1からなる機械語で書かれた「バイナリコード」である。これを人間が修得するのは困難なため、人間にとって扱いやすいように作られたプログラミング言語でまず「ソースコード」を記述し、コンパイラやインタープリタなどのプログラムによって機械語に変換する。

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、人間の言語に近いものを高水準言語、機械語やそれと一対一に対応するアセンブリ言語などを低水準言語と呼ぶ。現在プログラミングで使われているのは多くが高水準言語であり、中でもコンパイラで変換する言語をコンパイラ言語と呼ぶ。コンパイラ言語の主な例として、C、C++、Objective-C、Java言語などがある。一方、インタープリタで変換する言語をインタープリタ言語と呼び、JavaScript、Perl、Python、Ruby、PHPなどがこれに含まれる。Visual Basicも当初はインタープリタ言語だったが、後にコンパイル機能もサポートした。

かつてはコンパイラ言語が圧倒的に普及していたが、近年ではインタープリタ言語が勢いを増しつつある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 AWS Summit

    AWS SummitはAmazon Web Services(AWS)が世界20拠点で展開するツアー。 2017年、アマゾン ウェブ サービ...(続きを読む)

  4. 4 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2017年は11月最終週から12月第一週にかけて米ラスベガスで開催され、「Kubern...(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  9. 9 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  10. 10 データガバナンス

    データの可用性、有用性、品質、完全性、安全性を担保するために定義された一連のデータ管理ポリシーおよび手法。...(続きを読む)

注目のキーワード

ポストPC
これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W...
続きを読む
要求事項
プロジェクト管理用語として使用する場合、製品またはサービスが満たすべき動作、外見、性能を説明した...
続きを読む
クラウドストレージ
インターネットやその他のネットワークを経由して、顧客の持つデータをサードパーティーが運用する遠隔...
続きを読む
シード
シードラウンドは、スタートアップにとって最初の公式な資金調達ラウンドとなる。この段階では、概念実...
続きを読む
クライアント・顧客
プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトまたはサービスから直接的に恩恵を受ける人物ま...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]