編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

プログラミング言語とは?

コンピュータに対する一連の指示であるプログラムを記述(プログラミング)するための言語。

コンピュータが理解できるのは、0と1からなる機械語で書かれた「バイナリコード」である。これを人間が修得するのは困難なため、人間にとって扱いやすいように作られたプログラミング言語でまず「ソースコード」を記述し、コンパイラやインタープリタなどのプログラムによって機械語に変換する。

プログラミング言語にはさまざまな種類があり、人間の言語に近いものを高水準言語、機械語やそれと一対一に対応するアセンブリ言語などを低水準言語と呼ぶ。現在プログラミングで使われているのは多くが高水準言語であり、中でもコンパイラで変換する言語をコンパイラ言語と呼ぶ。コンパイラ言語の主な例として、C、C++、Objective-C、Java言語などがある。一方、インタープリタで変換する言語をインタープリタ言語と呼び、JavaScript、Perl、Python、Ruby、PHPなどがこれに含まれる。Visual Basicも当初はインタープリタ言語だったが、後にコンパイル機能もサポートした。

かつてはコンパイラ言語が圧倒的に普及していたが、近年ではインタープリタ言語が勢いを増しつつある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]