海外コメンタリー

Linuxカーネル開発における「Rust」--その現在地と今後

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-11-21 06:30

 米バージニア州リッチモンドで最近開催されたLinux Plumbers Conferenceでは、Linux開発でRustをサポートする取り組みの責任者であるMiguel Ojeda氏が、LinuxカーネルにおけるRustサポートの最新状況を説明した。一言で言えば、LinuxカーネルのRustサポートは成熟してきており、CiscoサムスンCanonicalなどの開発者やベンダーから強力な支援を受けている状況だ。

Rustのロゴ
提供:Rust Foundaiton

 ご存じの通り、Linux 6.1のリリース時にLinus Torvalds氏がRustの導入を認めたことで、今ではLinuxカーネルの開発にRustが使えるようになっている。しかしRustは現在、C言語と並ぶLinux開発言語のツールチェーンの一部になるために必要な環境を整えている段階にある。

 Rustの地位は向上している。MicrosoftのソフトウェアエンジニアであるWedson Almeida Filho氏はその理由について、「私たちは、Rustには、C言語と共にカーネル実装に実際に使える言語の1つになる準備が整っていると感じている。Rustは、特権を扱うコードの潜在的なバグやセキュリティ上の脆弱性を減らしつつ、コアカーネルとも問題なく連携できるため、パフォーマンス特性を維持することができる」と述べていた

 このことが重要なのは、Alex Gaynor氏とGeoffrey Thomas氏が「2019 Linux Security Summit」で説明したように、Linuxカーネルに見つかっているセキュリティホールの約3分の2が、メモリ安全性の問題に起因しているためだ。こうしたエラーが発生する原因は、CとC++が本質的な弱点を抱えていることにある。一方Rustは、非常に安全なAPIを使用することでこれらの問題を回避している。

 もちろんこれは、C言語を使うのをやめてRustに移行しようという話ではないし、実際問題として、そのようなことが起きるとは考えにくい。しかし、RustがLinux開発にとって重要な言語になりつつあるのは間違いない。

 RustがLinuxカーネルの開発に安心して使えるようになるまでには、まだいくつか克服すべき課題がある。Ojeda氏がカンファレンスで述べていたとおり、「新しいメンバーが加わり、コアチームは大きくなった」とは言え、まだやるべきことはたくさんある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]