トーバルズ氏、「Linux 6.1」のリリースを発表--6.2の状況について報告も

Liam Tung (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-12-13 12:04

 Linus Torvalds氏は米国時間12月11日、「Linux」カーネルのバージョン6.1の安定版が利用可能になったと発表した。Linux 6.1は、Rustのインフラを初めて採用したバージョンであり、同氏は数週間前よりも「はるかに満足している」状態だと述べている。

Linus Torvalds氏
Linus Torvalds氏
提供:Amanda Lucier/For The Washington Post via Getty Images

 Torvalds氏は10月、Linux 6.1のリリース候補版(rc1)の公開を発表した際、締め切り間際になってコードを提出するカーネル開発者に対するいら立ちを明らかにし、そうした行為は締め切り前日に徹夜でレポートを書き上げるようなものだと述べていた。

 同氏は、予定よりも1週間遅れで公開にこぎ着けたLinux 6.1の状態について満足しているとしつつも、「Linux 6.2」の「マージウィンドウがホリデー直前で大変なもの」になると懸念している。

 Torvalds氏は、同氏のいら立ちを「真剣に」受け止めた開発者の中には、Linux 6.2のプルリクエストを既に送ってきている者もいると述べ、そうした行動によってホリデー前という「厄介な」マージウィンドウへの対処が楽になるだろうとした。

 Torvalds氏は「(Linux 6.1の公開を)1週間延期したのは正しい選択だったが、それにより6.2のマージウィンドウのタイミングが厄介なものになった」とLinuxカーネルメーリングリスト(LKML)に記している。

 「とは言うものの、人々がその点を真剣に受け止めてくれたようだと報告できるのは喜ばしい。私の受信トレイには、明日の作業に向けて保留中のプルリクエストが既に2ダースもある。そして、今晩中にもまとまった数が届くと期待している。その結果、マージウィンドウにおける作業の多くを早めに仕上げるために取り組めるようになる。われわれは皆、静かなホリデーシーズンを迎えたいのだ」(Torvalds氏)

 Linux 6.2に向けた初期のプルリクエストには、Googleの「ChromeOS Human Presence Sensor」(HPS)用のドライバーも含まれている。HPSは、「Chromebook」の前に1人以上の人間がいることを検知するためのハードウェアセンサーだ。Googleは、I2Cバスに接続されたセンサーをサポートする、「ChromeOS」のHPS用cros_hps_i2cカーネルドライバーを提出した。Googleがどういった対象のセンサーを計画しているのかは不明だが、このパッチには指紋センサーに関する言及がある。その一方で、カメラの使用も含まれる可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]