編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Linux 6.0がリリース、「重要な新要素」やRustの導入は6.1に

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-10-04 13:31

 Linus Torvalds氏は、Linux 6.0のリリースを発表した。同氏は、今回は「重要な新要素」は含まれておらず、それらが登場するのはバージョン6.1になると予告した。

PCの画面を見ながら話し合う人物
提供:Getty Images/Nitat Termmee

 Torvalds氏は、8月にLinux 6.0の最初のリリース候補版(rc1)が公開されて以降に、今回のメジャーバージョン番号の変更にはあまり意味はなく、6.0は5.20だと言っても構わないと述べている。同氏は、6.0は「かなり大規模なリリース」だと述べている一方で、9月に開催されたカンファレンスでは、「6.0は退屈なものにしたかった」とも発言している。

 米国時間10月2日に公開されたリリースノートで、同氏は「皆さんに分かってもらえるといいのだが、メジャーバージョンを変更したのは、単に数字が大きくなりすぎたためで、基本的な部分に大きな変更があったわけではない」と述べている

 Phoronixが6.0のマージウィンドウ中に指摘したように、Linux 6.0では、Intelの「Ice Lake」の「Xeon」プロセッサー、AMDの「Ryzen Threadripper」、「AMD EPYC」の性能が改善された。

 また、Intelの「Sapphire Rapids」、「Raptor Lake」、「Meteor Lake」のプロセッサー、Qualcommの「Snapdragon 8cx Gen 3」などの新しいハードウェアがサポートされた。「RISC-V」のサポートも多方面で進んだほか、「OpenRISC」や中国の独自アーキテクチャーである「LoongArch」のハードウェアアップデートも含まれている。

 Torvalds氏は、「もちろん、6.0にはさまざまな変更が加えられている。マージ以外のコミットは全部で1万5000件以上に及んでおり、少なくともコミット数で見れば、6.0はここしばらくの間でもっとも大規模なリリースのひとつだ」と述べている。

 Linux 6.1に関する大きな話題であり、Torvalds氏が言及する「重要な新要素」の1つになりそうなのが、Linuxカーネルの開発向けにプログラミング言語「Rust」が加わることだ。今後は、C言語以外にRustでもドライバーなどのコンポーネントを構築できるようになる。

 「当然、明日には6.1のマージウィンドウを開始する。6.1には、6.0とは違って、かなり重要な新要素が含まれている。だが今のところは、この最新版のカーネルを試してみて欲しい」(Torvalds氏)

 Torvalds氏はRustについて、Linuxの現行言語であるC言語よりもメモリ安全性の確保に優れているだけでなく、新しい開発者を引き付ける手段にもなると考えている。

 同氏は最近、「Rustは新しい人々を呼び寄せてくれる要素の1つになるかもしれない」「私たちは年を取ってきており、白髪が増えつつある」などと発言していた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]