編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「Google Docs」、音声による編集や書式設定が可能に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-25 09:19

 「Google Docs」ではこれまでも音声によるテキスト入力をサポートしてきたが、これがさらに強化され、音声によって、ドキュメントの編集や書式設定が行えるようになった。

 今回追加された機能は、検索大手である同社が「Android」で既に確立している音声認識技術を基盤としている。

 ブログ投稿によると、「Chrome」からDocsを利用するユーザーはツールメニューの「Voice typing」(音声入力)を選択すると、新機能にアクセスできるという。コマンドは単純明快で、「コピー」「切り取り」「貼り付け」「ハイライト」といった音声コマンドが用意されている。音声コマンドの全一覧は、Googleのヘルプドキュメントに記載されている。

 Google DocsにおけるVoice typingは、複数の方言やアクセントに対応する。

 主な特徴を以下に簡単にまとめる。

  • 音声コマンドに対応している言語は英語のみ。アカウントの言語とドキュメントの言語は両方とも英語にする必要がある。
  • テキストを選択するためのコマンドとして、「select next character」(次の文字を選択)「select next line」(次の行を選択)「deselect」(選択を解除)など複数のバリエーションが存在する。
  • 配置用の音声コマンドは、「左揃え」「右揃え」「中央揃え」「両端揃え 」と単純明快である。
  • 文字書式の設定には、太字、取り消し線、下線といった基本的なコマンドが用意されている。ハイライト表示は複数の色が適用可能だが、デフォルトは黄色である。
  • 表の追加も簡単にできるようだ。
  • ただしドキュメント間の移動は、マウスで操作する方が適しているかもしれない。
音声でドキュメントの編集や書式設定ができるようになったGoogle Docs

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]