デスクトップ版「Opera」、無料で無制限に使えるVPN機能が追加

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-09-21 10:55

 ウェブ閲覧時のプライバシーを重視する人にとって、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使って自分のウェブ閲覧傾向を覗かれないようにすることは必須だ。

 ほとんどの場合、VPNを使用するには、サブスクリプション料金や追加ソフトウェアのPCへのインストールが必要だが、「Opera」の安定版デスクトップブラウザバージョンへの最新アップデートで、無料のVPN機能が追加され、ボタンをクリックするだけで有効化できるようになった。

 Operaの子会社であるSurfEasyが提供するこのVPNは、256ビットのAES方式で暗号化された接続を使用する。ユーザーの閲覧履歴が記録されることはない。ユーザーはサーバの場所をカナダ、ドイツ、オランダ、シンガポール、米国の5カ所から選ぶこともできるし、ブラウザに最適なサーバを選択してもらうこともできる。

 同社は「iOS」および「Android」向けのモバイルVPNサービスも既に提供している。

 アップデートされたOperaのほかの新機能には、「Chromecast」のサポート、電源に接続されていないノートPCで自動的にバッテリを節約する機能、ニュースリーダー機能でのRSSフィードのサポートが含まれる。

 Operaによると、このVPNはHD動画(1280×720ピクセル)を視聴できるだけの通信速度を提供するが、VPNサーバとユーザーの位置関係によって速度は変化するという。また、ほとんどの動画サイトにはアダプティブストリーミングプロトコルが組み込まれているので、通信速度はネットワークの状況によっても変化するという。

 アップデートされたOperaブラウザは公式サイトからダウンロードできる。


提供:Opera

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]