スパコンランキング「TOP500」で中国の「神威」と「天河2号」が1、2位を維持

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年11月15日 10時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スーパーコンピュータのランキング「TOP500」が発表された。ペタFLOPS規模のシステムが大半を占めた今回も前回同様、中国のスパコンが首位となった。TOP500は半年ごとに発表される、スパコンの処理性能ランキングだ。


提供:Top500

 国別で見た場合、米国と中国のスパコンがともに171台ランクインしており、全体の3分の2強を占めている。性能面は93ペタFLOPS(1ペタFLOPSは毎秒1000兆回の浮動小数点演算を実行できる性能)を達成した中国の「Sunway TaihuLight(神威・太湖之光)」と、34ペタFLOPSを達成した中国の「Tianhe-2(天河二号)」が前回と同様、1位と2位を獲得した。

 ドイツや日本、フランス、英国のスパコンも数多くTOP500にランクインしているが、ランキング入りする数を大幅に伸ばしたのは中国だ。1年前のランキングでは、米国が200台だったのに対し、中国は108台だった。

 LINPACK(スパコンのピーク性能を測定するベンチマーク)のスコアでは、中国と米国がほぼ互角の戦いを見せている。また、1ペタFLOPSを超える性能を持つスパコンは上位117位を占めており、1年前の81台から増加している。

 今回のランキングにおける注目点は以下の通りだ。

  • Intelのプロセッサが92.4%のシステムで使用されている。
  • IBMの「POWER」プロセッサは22台のシステムで使用されており、AMDのプロセッサは7台のシステムで使用されている。
  • NVIDIAのGPUは60台のシステムで使用されている。
  • システムプロバイダーという観点から見た場合、Hewlett Packard Enterprise(HPE)が140台でトップとなった。これには同社が買収したSGIの28台も含まれている。その次にLenovoが92台で続いている。
  • システムの大半は企業が保有するものであり、研究機関と教育機関の保有台数はほぼ同じだった。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算