「Azure」を初のAIスーパーコンピュータの基盤に--MSのナデラCEO

Steve Ranger (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-10-04 11:49

 Microsoftの「Azure」は、クラウドコンピューティングサービスとしてのみ認識されているかもしれないが、最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏によると、Azureは初の人工知能スーパーコンピュータの基盤となることを目指しているという。

 Nadella氏はダブリンで開催されたイベントで、AIテクノロジを使用する新しいアプリケーション群がMicrosoftのクラウドコンピューティング製品によって支えられていることを説明した。

 「結局のところ、クラウドの本質は次世代のアプリケーションを実現することだ。インフラストラクチャの発展を促してきたのはいつでも次世代のアプリケーションだった。人々が現在構築している最新世代のアプリケーションに目を向けると、これらのアプリケーションを今後定義していくもの、これらのアプリケーションを特徴づけるものは、機械学習と人工知能である。われわれがAzureを初のAIスーパーコンピュータとして拡張しているのはそのためだ」(同氏)

 これが意味するのは、従来のCPUアーキテクチャだけでなくGPUもベースとするクラウド処理能力を構築することだ。GPUはこれらのワークロードを処理するのに適している。なぜなら、GPUをスケールアウトして、多数のGPUでタスクを並列処理ことが可能だからだ。これとは対照的に、個々のマシンにより高速なCPUを搭載する従来型のアプローチはますます困難になっている。

 同氏は、「機械学習、特にディープニューラルネットを考えたとき、GPUの方がそれらのアルゴリズムのパフォーマンスと拡張にはるかに適していることが分かった」と述べた。さらに、同氏によると、AzureのすべてのコンピュートノードにFPGA(Field Programmable Gate Array:内部の回路構成を書き換えることができるLSI)が搭載されているという。つまり、開発者はニューラルネットワークコードを記述してFPGAファブリックに配信し、「プロセッサの速度で実行」することができると同氏は述べた。

 このAI指向アーキテクチャの上で、Microsoftは音声、画像、オブジェクト認識、および自然言語処理サービスに接続するAPIなど、さまざまなAIサービスの構築を支援する高レベルのサービスも提供するとNadella氏は話した。

Microsoft Satya Nadella
提供:Microsoft

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]