編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

AWS、BIツール「Amazon QuickSight」の一般提供を開始

Nick Heath (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-11-17 11:55

 Amazon Web Services(AWS)がデータ分析ツール「Amazon QuickSight」が一般提供開始(Generally Available:GA)になったと発表した。

 Amazon QuickSightは、スキルに関係なく全ての従業員がデータからビジネス上の便利な情報を迅速に得るためのツールとして設計されている。


提供:Amazon

 データ視覚化、チャート、グラフ、テーブルを容易に構築できるグラフィカルなツールで、「AWS Redshift」「Amazon Relational Database Service」「Amazon Simple Storage Service」など様々なAWSソースからのデータを利用できる。Microsoft Excel、Salesforce.comなどサードパーティのデータソースも対象とする。

 QuickSightはSPICE(Super-fast、Parallel、In-Memory Calculation Engine)がクエリを高速処理している。また、データソースとデータを同期することで最新の変更を反映できる。

 従来のビジネスインテリジェンス(BI)ツールと比較すると容易にアクセスや利用ができ、同時に価格も競争力があるという。

 伝統的なBIツールベンダーであるQlikやTabeleauにとってはQuickSightサービスの使い勝手は脅威かもしれないが、シンプル化を優先させたためにQuickSightは高度な機能を犠牲にしているとアナリストは指摘している。企業は機密情報を含むデータセットをクラウドに置くことに不安を感じているため、なかなか利用が進まない可能性があるという。

 QuickSightのトライアルには1500社以上のAWS顧客が参加していた。この中には、グローバル規模で展開するエンタープライズもあれば、スタートアップもあり、業界も様々だ。

 Amazon QuickSightのスタンダードエディションは1ユーザーあたり月間9ドルからで、これには10GB分のSPICEキャパシティも含む。米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)、欧州(アイルランド)の各リージョンで提供される。今後数カ月で、他のリージョンにも拡大する予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]