編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

シスコ、製造業IoT化向けクラウドサービス開発でマザックと協業

怒賀新也 (編集部)

2016-11-17 17:56

 シスコシステムズとヤマザキマザック(マザック)は11月16日、製造業のIoT化の推進に向け、工場内の設備機器をセキュアにネットワークに接続するための産業用スイッチ製品の提供や、生産性を上げるためのクラウドサービス開発に向けて協業すると発表した。

 マザックは、「機械をつくるための機械」を生産する企業。航空機や半導体製造装置、人工関節など構造物を切削加工するための機器などを製造、販売している。マザックの社長を務める山崎智久氏は「日本は工作機械の輸出大国として、消費大国への輸出を拡大するためには、IoTソリューションへの対応が不可欠と認識している」と指摘する。

 今回の取り組みは、工場の機械が持っているデータをより幅広く活用できるようにするもの。マザックは工場のIoT化を図る際に必要となる機械間におけるデータ取得方法の共通化やサイバーセキュリティ対策のため、製造業向けのオープン通信規格である「MTconnect」を採用したネットワーク接続装置「MAZAK SMARTBOX」を2015年に米国で開発した。

 このSMARTBOXに、シスコのネットワーク接続やセキュリティ、コンピューティングを集約して提供している。

 シスコシステムズの専務執行役員で戦略ソリューション事業開発担当の鈴木和洋氏は、シスコが日本の製造業のIoTに取り組む理由について「日本には従業員が100人以上いる会社が1万3000あり、言うまでもなくものづくりの国」とする。Industrie 4.0やIndustrial Internetなど欧米から来るトレンドを受ける形で、工場の中にあるモノを確実につなぎ、そこからセンサを通じて上がってくるデータを分析し、予防保全などに生かしていく動きが、製造業として活発化することを見込んでいるという。

 「IoTにより世界中の工場でどの部品が必要かが分かるようになれば、サプライチェーンの自動化やグローバル購買の最適化などが可能になる」と同氏。最終的にはビジネスのサービス化、すなわち、製品の売り切りではなく定期的に料金を受け取るサブスクリプション型のビジネスを実装できる」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]