編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

人気iOSアプリ76本に脆弱性、中間者攻撃のおそれ

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)

2017-02-08 13:00

 76本もの人気「iOS」アプリが、ハッカーの攻撃に脆弱な状態になっている。ハッカーはこの脆弱性により、機密データの可能性もある暗号化されたデータを傍受し、盗むことが可能になるという。


提供:CNET/CBS Interactive

 米国時間2月6日にブログ記事で発表された調査結果には、この問題を抱えたアプリが1800万台以上のデバイスにダウンロードされている可能性があると記されている。

 40本以上のアプリは、中間者攻撃のリスクが「中」または「高」と確認されている。リスクが「高」の場合、攻撃者は金融サービスや医療サービスの認証情報を傍受できる。

 すべての該当するアプリ名が直ちに公表されるわけではないが、これは2~3カ月の「責任ある開示」の期間が適用されたものであり、開発者はこの間に問題を修正する。

 ブログを書いたSudo Security Groupの最高経営責任者(CEO)Will Strafach氏によると、アプリをWi-Fi経由で使わない場合のほうが安全性が高いという。

 「モバイルデータ通信の傍受はより難易度が高く、高価なハードウェアが必要で、はるかに発覚しやすい。それに(米国では)完全に違法だ」(Strafach氏)

 ごく単純な問題の可能性もあるが、一律に修正するのは難しいかもしれない。

 Strafach氏によると、アプリ開発者によるネットワーキングコードの実装が不適切な場合、アプリがあらゆる証明書を受け入れて、暗号化された接続を確立してしまうという。

 攻撃者が脆弱なデバイスの近くにいる場合、攻撃者は問題のアプリが証明書を受け入れるように仕向け、アプリからデータを吸い上げたり、アプリにデータを送り込んだりすることが可能になる。

 さらに悪いことに、Appleの「App Transport Security(ATS)」機能は接続を暗号化された有効なものと認識するため、攻撃者の証明書をブロックしない。

 Strafach氏によると、これはAppleが協力できるようなものではない。仮にAppleがこのセキュリティ上の課題に対処しようとすると、不正な証明書によるなりすましを防ぐ機能である、ピンニングされた証明書を使用することができず、iPhoneおよび「iPad」向けアプリの安全性が下がってしまう可能性があるのだ。

 「アプリ開発者自身が、開発したアプリが脆弱でないようにするしかない」(Strafach氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]