調査

情報セキュリティ人材、9割の企業で不足:NRIセキュア調査

NO BUDGET 2017年04月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NRIセキュアテクノロジーズは、3月28日、「企業における情報セキュリティ実態調査 2017」を発表した。

 これによると、9割近くの企業で情報セキュリティ人材が不足しており、最高情報セキュリティ責任者(CISO)が未設置である企業は、半数以上存在することが分かった。

 このレポートは、東証1部・2部上場企業を中心とする3,000社の情報システム・情報セキュリティ担当者を対象にアンケートを行い、結果を集計・分析したもの。調査期間は2016年9月5日〜10月14日。

 情報セキュリティ人材の不足については、「不足している」「どちらかといえば不足している」と考える企業は合わせて89.5%に上った。2015年までは、3年連続で8割を超えていたが、今回は9割近くへとさらに増加している。最高情報セキュリティ責任者(CISO)については、2015年と同様に半数以上(52.5%、2015年調査53.4%)の企業で設置されていない。NRIセキュアテクノロジーズでは、組織横断的に、戦略策定や有事の際に迅速な対応を行う体制などへの懸念があるとしている。



 また、「過去1年間で発生した事件・事故」として、「標的型メール攻撃」(2位:34.1%、2015年17.3%)や「ランサムウェアによる金銭などの要求」(3位:32.5%、今回の調査より選択肢に追加)が急浮上している。「標的型メール攻撃」は、前年の2倍。今回調査の1位は前年に引き続き、「電子メール、FAX、郵便物などの誤送信・誤配送」(35.6%)だった。


 サイバー攻撃への対策実施状況では、「高度な攻撃」への対策が遅れている企業が多いことが分かった。「なりすましメールへの対策」に対して「受信メールのウイルスチェック」が9割近く(88.8%)の企業で取り組み済みだが、「受信メールの添付ファイル拡張子規制」の実施割合は3.5割(34.9%)にとどまっている。また、インターネットからアクセス可能なサーバのサイバー攻撃対策として、「ファイアウォールの導入」はほとんど(95.8%)の企業が取り組んでいる一方で、「Webアプリケーションファイアウォールの導入」は2割(22.7%)。

 調査対象企業の半数以上(52.3%)がIoTを「導入済み・利用している」または「検討中・関心がある」と回答している。しかし、これらの企業の半数近く(45%)は、実際には「IoTのビジネス活用検討は行っていない」と答えており、課題として、「サイバー攻撃リスクの増大」(41.9%)をはじめ、セキュリティに関する項目が択されている。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算