「100ビットコイン払えば全ファイルを復旧」--ランサムウェア犯人か

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 水書健司 長谷睦 (ガリレオ) 2017年07月06日 10時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数の巨大企業のデバイスを使用不能にした、6月末のランサムウェア攻撃に関係したと主張するハッカーグループが、初めて声明を公開したことが明らかになった。このグループは、攻撃に使われた暗号の秘密鍵と引き換えに、25万ドル相当のビットコインを要求したという。

 この身代金(ランサム)を要求する書状は、米国時間7月4日にダークウェブで公開され、Motherboardが最初に発見した。それによると、マルウェアの「NotPetya」(別名「GoldenEye」)に関わったと自称するこのグループは、同マルウェアでロックされたすべてのファイルを復号できるという鍵と引き換えに、100ビットコイン(6日時点で約3000万円相当)の支払いを要求している。

 マルウェアのNotPetyaは、現地時間6月27日にウクライナのキエフで始まったサイバー攻撃を皮切りに、多数のコンピュータに侵入した。その後、このマルウェアは同国の送電網、空港、政府機関へと広がり、さらに世界各国でFedEx、Merck、Cadbury、AP Moller-Maerskといった大企業のコンピュータのファイルもロックした。

 これら4社の企業価値は総額1300億ドルにも達しており、豊富な資金を持つ大物ターゲットと言える。それだけに、ハッカーグループが、当初は感染したコンピュータ1台につき、わずか300ドル相当しか要求しなかったのは意外と考えられていた。

 4日になって、当初よりもはるかに高額な身代金の要求があったわけだが、実際には国家レベルの攻撃者が、ランサムウェアを「隠れみの」として使っているにすぎないというのが、専門家の見方だ。被害者たちが、この攻撃の背後にいる国家ではなく、匿名のハッカーたちを非難するように仕向けているというのだ。攻撃者の真の狙いは、おそらく金銭ではなく、コンピュータに侵入してデータを破壊することにある。

 すでにハッカーグループの要求に応じた被害者がいるかどうかは、現時点では明らかになっていない。ただ、複数の報道によると、25万ドル相当の規模のビットコイン決済は、今のところ行われていないようだ。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算