編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

世界各地の送電システムにハッキング攻撃--「Dragonfly」再び

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-09-07 09:04

 世界各地の送電網に、ハッキング攻撃を受けた形跡があることが分かった。

 セキュリティ企業Symantecの研究者らは、米国、トルコ、スイスなどの送電施設に、同社が「Dragonfly 2.0」と呼ぶ大規模なハッキング活動の痕跡を発見した。Dragonflyとは、この攻撃を仕掛けているハッカー集団の呼称だ。


提供:Hagen Hopkins / Getty Images

 2011年には早くも始まっていたこの活動により、エネルギー業界の職員らに悪質な電子メールが送信されるなどしたと、Symantecは述べた。最初の攻撃は2014年に収束したが、2015年12月に、大みそかのパーティへの招待状を装ったフィッシングメールとして再び開始されたという。

 ハッカーらはこうした送電網へのアクセスを取得する可能性があり、停電を引き起こす恐れがあるとSymantecは警告した。

 重要なインフラへの攻撃は、停電であれ交通信号機の停止であれ、直ちに大混乱を引き起こす可能性があるため、国家に対する大規模な脅威となる。こうしたシステムは、ソフトウェアが古く、インフラのアップグレードにコストがかかるため、脆弱である場合が多い。

 脆弱な送電網がハッカーに攻撃された場合に何が起き得るかは、世界中が既に目にしている。ウクライナは2016年12月、ロシアのハッカーらの攻撃を受けて停電し、首都キエフの市民は1時間、電気のない状態を過ごした。2016年には、セキュリティ規格を引き上げて米国の重要なインフラをサイバー攻撃から保護するための法案が米議会に提出された。

 Symantecの技術ディレクターを務めるEric Chien氏は、「明日停電が起きるとは思っていない」が、Dragonfly 2.0のハッキングによってそれが「技術的に可能」だと述べた。Symantecは、ハッカーらが複数の電気会社から、機器の説明や場所などを含むドキュメントのスクリーンショットを取得している痕跡を発見した。

 Dragonflyの攻撃は、2016年と2017年の全体にわたって増加したとSymantecは述べた。ハッカーらは悪質なメールを送付し、標的のコンピュータ上にウイルスをインストールすることができる偽の「Flash」アップデートを作成したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]