編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

グループウェア「INSUITE」、最新版でコンテンツ機能を追加--ドリーム・アーツ

NO BUDGET

2018-04-20 10:51

 ドリーム・アーツは4月12日、企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE」の最新版「インスイート Ver.4.1」を発表した。

 最新版では、企業ポータル内に簡単にウェブページを作成でき、管理のしやすい「コンテンツ」機能を新たに追加した。これにより、社内の誰もがスピーディに情報発信でき、閲覧者がリアルタイムで反応を伝えられる。このため、コンテンツの質を継続的に高めるだけでなく、社内の意識共有が高まるという。

 また、発信内容のレビューや、誰が何を修正したのかが把握できる変更履歴、細かな権限管理によって、大企業や組織の継続的なコンテンツ管理を容易にする。


「コンテンツ機能による全社の意識共有イメージ」

 また、最新版ではコンテンツのウェブページにドラッグ&ドロップするだけで動画を投稿できる。スマートフォンからも投稿できる他、「DCS(DreamArts クラウドサービス)」を利用している場合は、1ユーザーあたりおよそ「100分/月間の視聴時間」のデータ通信を標準利用として無料で利用することが可能だ。公開したコンテンツはビジネスチャット「知話輪」との連携で「インスイート」を起点としたPush通知が可能なため、外出中のユーザーにも情報を素早く確実に届けることができるというという。


「コンテンツページのトップ画面(左)とコンテンツの編集イメージ(右)」

 「インスイート」の最新版は、2018年4月27日より提供を開始する。ライセンス価格は、「DCS」を1000ユーザーで利用している場合で、1ユーザーあたり月額900円(税抜)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]