編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
調査

データの取り扱いに自信がある企業は業績も良好--Qlik調査

NO BUDGET

2018-07-19 06:00

 Qlik Technologies(Qlik)は、企業のデータや技術に対する知識についての調査結果を発表した。データや技術に対する知識の個人差が企業の意志決定に悪影響をもたらしていることが分かったという。

 同調査は欧州、アジア、米国の7377人の企業意志決定者(ジュニアマネージャー以上)を対象にアンケートした。調査期間は2017年8月~2018年2月。

 データの取り扱いに自信のある意志決定者のうち、85%が「仕事の成績が非常に良い」と答えている。一方で自信がない人で業績が良いと回答したのは54%だった。さらに、現在の職務でデータを扱っている人では、ほとんど(94%)が「データが仕事の質を上げる役に立っている」と答え、さらに「データリテラシーが高いおかげで職場での信用も上がった」(82%)と答えている。

 また、企業の意志決定者の78%は、データスキルの向上により時間と努力を注ぎたいと答えている。学ぶ意欲が最も高かったのはインドのエグゼクティブ(95%)で、次いでアジア太平洋(72%)、最後が欧州(65%)だった。

 データの取り扱いについて自信度が最も高かったのはインド(46%)で、続いて米国(33%)、スペイン(27%)、イギリス(26%)、オーストラリア(22%)、ドイツ(20%)、シンガポール(17%)、フランス(16%)、スウェーデン(15%)、中国(12%)、日本(8%)の順となった。

 また48%の人が、データの真偽の区別に苦労していると回答している。Qlikでは、企業が成功するには、従業員のスキル向上とサポートが緊急に必要だと指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]