編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グーグルの機械学習フレームワーク「TensorFlow」が「Raspberry Pi」を正式にサポート

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-07 11:46

 シングルボードのコンピュータ「Raspberry Pi」で、Googleの機械学習フレームワーク「TensorFlow」を利用するのがますます簡単になりそうだ。

 開発者はすでに、Raspberry PiでTensorFlowをさまざまに活用し、深層学習モデルを追加して、画像分類などを行うことが可能だった。

 TensorFlowは「Linux」「Windows」「Android」「macOS」「iOS」でも利用できるが、35ドルのRaspberry Piよりも安く利用できるハードウェアはないだろう。

 しかし、TensorFlowモバイル・組み込みチーム責任者であるソフトウェアエンジニアのPete Warden氏指摘するように、従来はTensorFlowをRaspberry Piで動作させるには「かなりの労力が必要だった」。

 先ごろ、TensorFlowグループとRaspberry Pi Foundationが連携したことで、プログラミング言語「Python」を使う開発者は、Raspberry Piを統合したハードウェアで、AIアプリをより簡単に開発できるようになる。

提供:Image: osde8info/Flickr
提供:Image: osde8info/Flickr

 Pete Warden氏はTensorFlow 1.9について、「Raspberry Pi Foundationとの協力で、TensorFlowの最新リリース1.9は、Pythonのpipパッケージシステムを使い、ビルド済みバイナリからインストール可能になった」と記している。

 「Debian Stretch」ベースの「Raspbian 9」を使用している場合、2つのシンプルなコマンドを実行して、すぐにTensorFlowプログラムを記述できる。

 Raspberry PiでTensorFlowを動作させるのが容易になれば、Googleの開発者にとって有益なのは言うまでもない。この開発ボードの人気は高く、販売台数は2017年に1400万台というマイルストーンに達している。Raspberry Pi Foundationの創設者であるEven Upton氏も、Piユーザーの今後の展望は明るいと楽観している。

 「現代のコンピューティング教育にとって重要なのは、基礎と将来を見据えたテーマの両方をカバーすることだ。そういった意味で、Googleと協力して、TensorFlowの機械学習をRaspberry Piプラットフォームで提供することに、大きな期待を感じている。さまざまな年齢層の子供たちが生み出す、創意工夫に富んだアプリケーションを見るのが楽しみだ」(Upton氏)

 すでに好例として、TensorFlowとRaspberry Piを組み合わせた自律走行車「Donkey」がある。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]