編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

コスト管理も仕事、開発者の75%はマルチプレイヤー--内製化が拡大傾向

藤代格 (編集部)

2019-03-13 07:15

 楽天グループの楽天コミュニケーションズ(世田谷区)は3月12日、IT系開発者の就業環境に関する調査結果を発表した。開発担当は開発以外の業務も求められ、業務効率化による開発工数、就業時間の削減を重要課題と認識しているという。

 調査したIT系開発者のうち、75%が本業となる開発以外の業務も担当する“マルチプレイヤー”になるという。開発以外の業務は「顧客との折衝、交渉」が最多で61.1%、続いて「メンバーへの研修、教育、指導」が51.2%、「社内会議の調整、プレゼン」が44.5%、「コスト管理」が39.6%、「請求、支払管理」が39.4%。IT系開発者は開発と多岐の業務を平行させる必要がある就業環境に置かれており、業務効率化が必要不可欠としている。

 開発業務を効率化するために利用するツールとしては「バージョン管理ツール」が最多で45.2%。「IDE(統合開発環境)」が35.1%、「タスク、プロジェクト管理ツール」が34.7%と続いている。「RPA(ロボティックプロセス オートメーション)、自動化ツール」は18.2%で、業務プロセスの標準化や人工知能(AI)、ロボティクスの活用は一部の先進的な企業だけでなく、様々な業界、業種で進んでいるとしている。

開発業務を効率化するために利用するツール(出典:楽天コミュニケーションズ)
開発業務を効率化するために利用するツール(出典:楽天コミュニケーションズ)

 現在開発中のシステム、アプリは、自社向け、社外向けともに43%になったという。社外導入目的の開発だけでなく、ビジネス環境の変化にも即対応できる内製化が拡大しているという。

 これまでウェブAPIを活用した開発実績を尋ねた項目では、55.2%と半数以上が実績があると回答。業務効率化へのAPIの寄与が伺えるとしている。

 前述の業務効率化のために利用するツールでは「APIマネジメントツール、クライアントツール」の利用は17.2%に留まっており、業務効率化を目的としたAPIツールの利用は開発実績に比べて少ないとしている。

ウェブAPIを活用した開発実績の内訳(出典:楽天コミュニケーションズ)
ウェブAPIを活用した開発実績の内訳(出典:楽天コミュニケーションズ)

 今後需要が高くなると考えるプログラミング言語は、「Java」が最多の39.0%で、「JavaScript」が33.3%で、機械学習やAIでよく使われる「Python」が28.9%と続いている。総所得コストを減少させることでコストパフォーマンスの向上が期待でき、様々なパッケージソフトの活用などでビジネスプロセス変革を支援できるオープン系言語への期待があるとしている。

今後、需要の高いプログラム言語(出典:楽天コミュニケーションズ)
今後、需要の高いプログラム言語(出典:楽天コミュニケーションズ)

 インターネット上で2月中旬、IT関連のシステム開発やプロジェクトに従事している516人を対象に調査した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]