編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
調査

世界セキュリティ支出は2019年1030億ドル規模へ--IDC予測

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-04-01 13:12

 IDCによると、世界のセキュリティハードウェア、ソフトウェア、サービスへの支出は2019年は前年比9.4%増で成長し、1030億ドルに到達する見込みだ。大企業による大規模な支出が顕著だという。

 IDCでは、セキュリティへの支出は2018年から2022年の間、 年平均成長率(CAGR)で成長すると見ている。2022年はセキュリティ関連の支出が1338億ドルになると予想している。

 従業員数が500人から1000人の大企業は、セキュリティ支出の3分の2を占める。国別では米国が最も多く、2019年には447億ドルを費やすと予想されている。このうち、製造業と政府が20%を占めている。2番目に多いのは中国で、日本、英国と続いている。

 IDCの2019年の予測のポイントは以下の通りだ。

  • 銀行業、ディスクリート型製造業、連邦・中央政府は合計で300億ドルを費やす。
  • プロセス製造業、サービス業、電気通信業は合計で60億ドルを費やす。
  • 州・地方政府はセキュリティ支出が最も成長している分野で、5年間のCAGRは11.9%。
  • 支出の最も多い製品カテゴリはマネージドセキュリティサービスで、2019年は210億ドルを上回る。
  • 次に大きなカテゴリは、統合脅威管理、ファイアウォール、侵入検知・侵入予防を組み合わせたネットワークセキュリティハードウェアとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]