編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
調査

行政による倫理的で責任あるAI活用に懸念は少ない--アクセンチュア調査

NO BUDGET

2019-04-16 10:33

 アクセンチュアは、18歳以上の市民6000人を対象にした、行政に関する幅広いトピックについての調査結果を発表した。

 これによると、市民の大半は、行政機関や民間企業が提供する人工知能(AI)を活用したサービスを、1年前と比べて同等またはそれ以上に好意的に受けとめていることが明らかになった。全体の45%が1年前と比べてAIを活用したサービスをより好意的に受けとめていると答え、43%はあまり変わらないと回答した。1年前と比較してAIを活用したサービスの受容度が下がっていると答えた市民は12%だった。

AIに対する市民の受容度の変化(1年前との比較)
AIに対する市民の受容度の変化(1年前との比較)

 同調査は、米国、オーストラリア、フランス、ドイツ、シンガポール、英国の18歳以上の市民6000人を対象に2018年5月にオンラインで実施された。回答者の25%は現在公共機関で働いていると答えている。

 回答者は、行政機関がAIを活用することを肯定的に捉えている。回答者全体の62%が、行政機関は民間企業と同等またはそれ以上に、AIを活用したサービスを提供する資格があると回答しており、半数以上(56%)が、新たな行政サービスまたは既存サービスの向上に向けて行政機関がAIを活用することを支持すると回答している。一方で、行政機関によるAIの倫理的かつ責任ある利用について懸念を表明したのは25%だった。

行政機関がAIを活用することへの受容度
行政機関がAIを活用することへの受容度

 また、行政職員の67%が行政機関によるAI利用を支持していると回答した一方、それ以外の回答者では52%だった。同様に行政機関の回答者は、1年前よりもAI活用を好意的に受けとめていると回答する割合(63%)が、それ以外の回答者(41%)よりも高くなっている。

 アクセンチュアは、今回の結果を受け、市民のAIを活用したサービスの受容度は高まっており、行政機関もAIの倫理的かつ責任ある活用に配慮しながらも、能動的にAIを活用したサービス提供を追求する必要があるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]