なぜJavaScriptプログラマーはTypeScriptを選ぶのか

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2019年05月17日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)がSatya Nadella氏に変わってから、同社のLinuxに対するアプローチは友好的になったが、元CEOであるSteve Ballmer氏の時代から変わっていないことが1つある。それは、とにかく開発者にこだわっているということだ。

 先日開催された開発者向けの自社カンファレンス「Build」で、「Windows 10」向けのMicrosoft製Linuxカーネルである「Windows Subsystem for Linux」のバージョン2が発表された。これによって、Windows上で実行されるLinuxディストリビューションのブート時間は短縮される。

 また、Microsoftの軽量クロスプラットフォームコードエディタである「Visual Studio Code」(VS Code)は、Googleの開発者にも好んで使われており、今では450万人のユーザーがいるほどの人気を得ている。

 Microsoftは今や開発者御用達のコードホスティングリポジトリであるGitHubを傘下に収めており、開発者を専門とする調査会社RedMonkの調査によれば、最近では同社のプログラミング言語であるTypeScriptの人気も高まっているという。

 TypeScriptは、世界で最もよく使われているプログラミング言語であるJavaScriptの上位セットだ。大規模なコーディングプロジェクト向けに作られており、そのコードはJavaScriptにコンパイルされて実行される。

 RedMonkがGitHubのプロジェクトと開発者が情報交換を行うサイトであるStack Overflowでのやりとりを対象として最近実施した調査では、プログラミング言語人気ランキングでのTypeScriptの順位が12位にランクアップした。

 さらに、人気が高いNode.jsのJavaScriptパッケージ管理ツールであるnpmを使っている開発者の半分近くが、TypeScriptを使用しているという。

 RedMonkの共同創業者James Governor氏は、TypeScriptの人気が爆発的に高まっている理由を考察している。

 TypeScriptはJavaScriptの代わりにはならないが、Webアプリケーションの構築に必要な言語であるJavaScriptを劇的に改善している。

 Governor氏は、「JavaScriptを使える開発者のうち、コードに何らかの形での型に関する安全性を求めている人がTypeScriptに向かうのは当然のことだ」と同氏は述べている。

 MicrosoftのTypeScriptは、多くのニッチな領域に適応できるだけの柔軟性を持ち、開発者を引きつけるだけの幅広い応用領域を持つJavaScriptの堅牢性の恩恵を受けている。

 JavaScript、Java、Pythonは、Tiobe、IEEE Spectrum、PYPLなど多くのプログラミング言語人気インデックスで上位にランクインしている。

 TypeScriptが有利な点の1つは、「型を厳密に扱う」言語に対する関心が高まっていることだ。型を厳密に扱う言語にはC++やJavaがあるが、JavaScriptではデータの型を指定する必要がない。

 これが、人気があるJavaScriptのフレームワークである「Angular」の開発者が開発言語にTypeScriptを選んだ大きな理由の1つだ。

 Angularプロジェクトの中心的なコントリビューターの1人であり、元Google社員のVictor Savkin氏は、「TypeScriptは型を静的に指定する言語が持つ有益な部分の95%を、JavaScriptのエコシステムにもたらした」と述べている

 Governor氏によれば、人気が高まっているもう1つの要因は、開発者向けツールのサポートが充実していることで、Microsoftはこの点でも「JavaScriptやGoを含む多くのプログラミング言語コミュニティで選ばれたコードエディタ」となったVisual Studio Codeの恩恵を受けている。

 同氏は、1996年からJavaアプリケーションを書き続けている開発者William Saar氏の記事を引用して、TypeScriptのメリットは多くのJava開発者を引きつける可能性があると述べている。この記事のタイトルは、「企業にはTypeScriptさえあればいいのではないか?」というものだ。

 この記事でSaar氏は、「『React』のようなフレームワークはUI開発には向いているが、わたしはJavaScriptのコードの品質やメンテナンス性には懐疑的だった。しかしそれも、TypeScriptを利用することで、開発体験がどれだけ堅牢なものになるかを知るまでのことだった」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]