編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

TIS、「テレワーク・デイズ2019」に参加--1000人規模でテレワーク実施

ZDNet Japan Staff

2019-07-05 15:10

 TISは7月5日、「テレワーク・デイズ2019」に特別協力団体として参加し、コア日の7月24日には1000人以上の社員がテレワークに参加することを目指すと発表した。

 特別協力団体とは、7月22日~9月6日の期間中に5日間以上のテレワークを実施し、24日には100人以上が参加した上で、コスト削減効果などの効果測定に協力可能な団体を指す。

 TISでは、2019年4月に終日のテレワークを主とする「テレワーカー」というワークスタイルを新設。フレックスとテレワークを組み合わせた制度や環境の整備を進めている。

 今回のテレワーク・デイズでは、東京五輪に向けた協力準備に加えて、昨今多発している災害における業務継続性(BCP)への対応を目的とし、場所に依存しない業務プロセスの変革についても、組織単位で取り組むとしている。

 具体的には、TISインテックグループ内の他拠点の活用、フレックスや時差勤務の活用、休暇取得の奨励、集中討議や研修会などの地方開催などを計画している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]