編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「Chrome」のプライバシーを高める「Privacy Sandbox」、年内に試験導入へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)

2020-01-15 11:26

 ウェブでのプライバシーに関する取り組みを進めているGoogleの「Chrome」チームは、2019年に発表した「Privacy Sandbox」提案のテストを年内に開始する。Googleが米国時間1月14日に発表したChromeのテストは、パブリッシャーや広告主、データ仲介者がユーザーの許可を得ずに個人データを収集したり、オンラインでユーザーを追跡したりするのをより厳しく制限する取り組みの一環だ。

Google「Chrome」のロゴ
GoogleはChromeによってユーザーのオンラインプライバシーがより良く保護されることを望んでいる
提供:Stephen Shankland/CNET

 Appleの「Safari」やBrave Softwareの「Brave」、Mozillaの「Firefox」、Microsoftの「Chromium」ベースの新しい「Edge」など、他のブラウザーはこの数年間に、追跡の制限を着実に推進してきた。GoogleのPrivacy Sandbox計画はそうした流れを受けて発表されたが、Chromeがウェブでの活動の64%を占める利用シェア首位のブラウザーであることを考慮すると、その重要性は大きいと分析会社のStatCounterは指摘する。

 Googleの発表は、ウェブサイト運営者に対して実質的に次のような通告をするものとなっている。それは、最もよく利用されているブラウザーがウェブの仕組みを変え始めるので、各自備えておくように、というものだ。

 Googleによる変更が計画された通りに実現すると、「ウェブは本質的にプライバシーを保護するようになる。具体的な違いは、ユーザーが同意なくこうした情報を収集されプロファイルを構築されることがなくなる点だ」とChromeのエンジニアリング担当ディレクター、Justin Schuh氏は述べた。

 Chromeの変更に関する詳細と、Googleが計画している変更のスケジュールは、Googleのブログ記事で確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]