編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

サービスナウ、新型コロナウイルス感染症対応アプリを無償公開

國谷武史 (編集部)

2020-04-15 14:51

 ServiceNow Japanは、新型コロナウイルス感染症への対応に伴う各種業務を支援するアプリケーション群「危機管理支援アプリ日本語版」を4月16日から9月30日まで無償提供すると発表した。公的機関や組織に利用を呼びかける。

 同アプリケーションは、米国で3月から提供しており、1000以上の組織が利用しているという。一例では、ロサンゼルス市でのドライブスルー方式によるPCR検査の予約や管理、情報共有に使用中で1万人規模の利用に対応したシステムを約2日で構築したという。

「危機管理支援アプリ日本語版」の概要
「危機管理支援アプリ日本語版」の概要
「危機管理支援アプリ日本語版」の導入方法
「危機管理支援アプリ日本語版」の導入方法

 同社では、用途別に3種類のアプリケーション「Emergency Outreach(緊急アウトリーチ)」「Emergency Self Report(緊急セルフレポート)」「Emergency Exposure Management(緊急エクスポージャー管理)」を日本語で提供する。また、英語版のみだが米ワシントン州の保健省と共同開発した「Emergency Response Operations」も用意する。

 Emergency Outreachでは、スタッフの所在や安全状況を把握でき、モバイルアプリで安否や所在確認の情報を求めたり、一元的に管理したりできる。Emergency Self Reportでは、スタッフの就業状況を⼀元的に管理し、新型コロナウイルスに感染した際には職場に病状や復職の見通しなどを伝えられる。Emergency Exposure Managementでは、組織内に感染者が発生した場合に、2週間など一定期間さかのぼってスケジュール情報などを確認し、濃厚接触者の可能性が高い人物を追跡できるとしている。

「危機管理支援アプリ日本語版」の使用状況
「危機管理支援アプリ日本語版」の使用状況

 併せて同社は、新型コロナウイルスに対応してアプリケーションなどを開発する企業向けに「COVID-19対応アプリ開発支援プログラム」も開始する。開発環境を無償提供するほか、パートナープログラム年会費を免除し、認定や審査、契約のプロセスも簡略化する。同社の既存パートナー2社が参加し、新規で2社が参加を予定している。

緊急事態下では情報の混乱によって対応に支障が出る
緊急事態下では情報の混乱によって対応に支障が出る

 執行役員社長の村瀬将思氏は、「新型コロナウイルスの対応では、バラバラで発信元や時期も不明な情報が錯綜しており現場業務に支障を来している。アプリを通じて情報を集約したり適切なワークフローを回せるようにしたりすることで、円滑な業務や対応を支援したい」と話している。既に地方自治体と、感染検査業務での使用に向けて協議中だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]