編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

23区のテレワーク率26%、課題は社内体制--「PCなど10万円未満のみ」は厳しい

TechRepublic Japan Staff

2020-04-10 06:30

 東京23区内の民間企業で構成される東京商工会議所が4月8日に発表した、新型コロナウイルス感染症対応アンケートによると、テレワークを実施している企業は26.0%、実施検討中は19.5%となっている。行政に求める支援としてテレワーク導入環境整備の支援や導入モデルの紹介などが挙げられている。

 テレワークを実施している企業は従業員規模が大きいほど実施率が高い。実施検討中の企業は全体に比べて、従業員規模では50人以上300人未満、業種では商業やサービス業の割合が高い。

 3月13~31日に会員企業1万3297社にファクスとメールで調査票を送付、1333社が回答した。

回答企業属性(出典:東京商工会議所)
回答企業属性(出典:東京商工会議所)
テレワーク実施企業(左から従業員規模別、業種別 出典:東京商工会議所)
テレワーク実施企業(左から従業員規模別、業種別 出典:東京商工会議所)
テレワーク実施検討中の企業(左から従業員規模別、業種別 出典:東京商工会議所)
テレワーク実施検討中の企業(左から従業員規模別、業種別 出典:東京商工会議所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]