編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

DNP、自動搬送ロボットなどを制御する位置検出マークを開発

NO BUDGET

2020-05-08 16:16

 大日本印刷(DNP)は、物流拠点などで用いられる自動搬送ロボットの動きを高精度に制御するセンシングマーカー「DXマーカ」を開発した。画像処理ソフトとカメラを活用し、プラスマイナス1度以下の精度で角度をセンシングできる。

DXマーカ
DXマーカ(出典:DNP)

 DXマーカは、厚さ0.7mm、外形が1辺40mmと80mmのガラス基板で、DNPの印刷技術の一つで液晶ディスプレイのカラーフィルターでも実績のあるフォトリソグラフィー技術を活用して、ガラス基板上にプラスマイナス数マイクロmの精度でパターニングしている。

 パレットや倉庫の棚、建物のドアーやコーナーの柱、離発着地点など位置を特定したい場所や自動搬送機器、ロボット、ドローンなど無人移動体に装着し、建物や無人移動体の本体に装着されたカメラでマーカーを読み取って位置を高精度に検出する。また、このマーカーには、マーカーを装着した場所や無人移動体を特定するIDデータも一緒に埋め込まれており、カメラ1台と専用ソフトウェアで読み取ることが可能なため、低コストでモノの動きをデータ化し、管理・解析することが可能となる。

DXマーカによる位置検出作業
DXマーカによる位置検出作業

 従来、フォークリフト運転者が荷物をトラックに積み込む際に、荷物の重さや大きさ、傾きなど、作業環境の細かい条件に合わせて、フォークリフトの爪(フォーク)の角度をプラスマイナス1度以下の範囲で微調整していた。無人フォークリフトなどの自動搬送ロボットが運用されるスマートファクトリーにおいて自動搬送ロボットは、荷物に貼付されたマーカーをロボットが読み取り、荷物の位置を認識したり、倉庫内の柱などのマーカを読み取ることで、自身のいる場所を確認したりしている。

 しかし、既存の紙製マーカーでは、紙の収縮、印刷の凹凸や位置精度の低さにより、搬送ロボットが荷物の傾きなどに合わせてフォークリフトの爪の微調整を行うことが困難であり、また汚損が生じやすいという課題があった。

 高精度なマーカーは、産業技術総合研究所(産総研)が開発しており、宇宙空間における人工衛星の挙動計測にも使われ、またGPS(全地球測位システム)の使えない場所でも誤差10cm未満の測位を可能にしている。今回、DNPはその位置検出精度を維持しつつ、産総研技術移転ベンチャーであるリーグソリュー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]