編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

富士レビオ、新型コロナ抗原検査キットの新工場を新設へ--東芝と日立が参画

NO BUDGET

2020-06-09 18:42

 みらかホールディングス、東芝、日立製作所(日立)は、みらかホールディングスの連結子会社である富士レビオが、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットの生産能力を拡大すると発表した。

 東芝と日立の両グループは、「富士レビオ 旭川工場(仮称)」の新設と早期稼動に協力し、既に生産を行っている富士レビオ 宇部工場と合わせて週40万テスト以上の生産体制を構築していく。富士レビオは、新型コロナウイルスの抗原検査キットとして「エスプラインSARS-CoV-2」の製造販売承認を5月13日に取得し、既に臨床の現場へ提供している。旭川工場は、同キットの新たな生産拠点として12月までの稼働開始を予定している。

 日立グループは製造設備の導入に当たり、製造プロセス・製造設備構築のコンサルティングや、付帯設備のエンジニアリング業務などを提供し、安定的かつ効率的な供給体制の構築を目指す。東芝グループは、当初は東芝ホクト電子 旭川工場の建屋を含めた生産体制を提供するとともに、医療関連部品の製造実績を生かし、同キットの安定的な生産を支えていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]