「Google Chrome」大好き人間だから伝えたい“推し小技”--2020年上半期版(3)

池田園子

2020-06-23 07:30

 筆者の使用ブラウザーはもっぱら「Google Chrome」である。Google Chrome以外での動作確認が必要なときを除き、他のブラウザーを使うことはほぼない。非常に直感的な操作感で、軽快に使えるというのが、Google Chromeを好む大きな理由だ。

 自分にとって使いやすいブラウザーを選ぶと、仕事の効率は上がると思われる。リサーチをしたり、画像加工をしたり、ドキュメントを作成したり……ブラウザー上で私たちは日々いろいろな業務を行う。

 だからこそ、皆さんの仕事の質を上げてくれると思われるGoogle Chromeを心からお勧めしたい。本連載では、業務効率化・合理化に役立つGoogle Chrome便利技を3つずつ4回にわたって紹介する。今回はその第3回目で、PCで使う場合を想定。

1.ブックマークを整理し、情報にアクセスしやすい状態を整える

 Google Chromeではウェブページをブックマークに追加しやすい。特定のウェブページを開き、URL横にある☆をクリックするだけでいいのだ。だが、ブックマークしやすいことから、いろいろなウェブページに☆をつける中で、ブックマークが増えすぎたから整理したい……そんなことはないだろうか。

 そこで使いたいのが「ブックマーク マネージャー」の機能だ。Google Chrome上部の3つの丸が縦に並んだボタン→「ブックマーク」→「ブックマーク マネージャー」をクリック。

 すると、ブックマークしたウェブページがフォルダごと一覧表示される。ドラッグアンドドロップでフォルダやウェブページを移動することも可能。

 ウェブページ横にある3つの丸が縦に並んだボタンをクリックすると、特定のウェブページをブックマークから削除したり、新しいタブやウインドウで開いたりすることもできる。

 ブックマークしたウェブページを整理したいときは、ブックマークバーから作業するよりも、この機能を使う方が圧倒的に効率よく進む。頭の片隅に知識として置いておくといいだろう。

2.シークレット モードを活用し、履歴を残さない形で閲覧する

 Google Chromeで閲覧履歴を残したくない。検索する内容によっては、そう思うこともあるだろう。そんなときは「シークレット モード」を活用したい。

 まず、Google Chrome上部の3つの丸が縦に並んだボタン→「新しいシークレットウインドウ」をクリック。すると新しいウインドウが開き、そこに以下のようなテキストが表示される。

 「現在、シークレット モードで閲覧しています。あなたのアクティビティは、このデバイスを利用する他のユーザーには表示されません。ただし、ダウンロードしたファイルとブックマークは通常どおり保存されます」

 この場合、ブックマークはいつも使っている、自分のアカウントでログインしたGoogle Chromeから引き継がれ、シークレット モードでのウインドウからも参照可能だ。

 シークレットモードで閲覧すると、Google Chromeには閲覧履歴やCookieとサイトデータ、フォームに入力した情報などは保存されない。

 ただし、訪問先のウェブサイトや雇用主・学校、利用しているインターネット サービスプロバイダには、閲覧履歴が知られる可能性はある、と知っておきたい。

3.閲覧履歴を消去し、履歴を残さない形で閲覧する

 Google Chromeで閲覧履歴を抹消したい。検索した内容によっては、そう思うこともあるだろう。そんなときは「閲覧履歴を消去」を活用したい。

 まず、Google Chrome上部の3つの丸が縦に並んだボタン→「その他のツール」→「閲覧履歴を消去」をクリック。すると「閲覧履歴データの削除」画面の「基本設定」に切り替わる。

 「閲覧履歴」に「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」にチェックが入っている。データを削除したい期間を指定し、下の「データを削除」をクリックすると、履歴が削除される。

 「詳細設定」のタブに切り替えると、「閲覧履歴」に「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」の他、「キャッシュされた画像とファイル」「パスワードとその他のログインデータ」も削除できる。

 第4回に続く。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]