パロアルトネットワークス、「Prisma Cloud 2.0」を公開

ZDNET Japan Staff

2020-10-29 14:07

 パロアルトネットワークスは10月29日、クラウドセキュリティプラットフォームの最新版「Prisma Cloud 2.0」をリリースした。2019年に買収したAporetoの機能を含む4つの新しいセキュリティモジュールを組み込んでいる。

 新機能としては、データ損失防御(DLP)の「Data Security」、ウェブアプリケーション/APIセキュリティ、IDベースのマイクロセグメンテーション、IAM(アイデンティティーおよびアクセス管理)セキュリティを提供する。

 Data Securityでは、Amazon Web Services(AWS) S3における検出や分類、マルウェア検知が行える。同社は、業界特有の規制などでクラウドを採用する際に、各コンプライアンス要件を満たすことができ、「クラウドセキュリティポスチャ管理(CSPM)」機能との組み合わせで、データ漏えいリスクに関するコンテキストを得られるようになるとしている。

 ウェブアプリケーション/APIセキュリティでは、レイヤー7における脅威や「OWASP」のトップ10脅威からの保護を強化。IDベースのマイクロセグメンテーションでは、Aporetoの技術を活用し、クラウドネットワークにおけるセキュリティポリシーの包括的な制御や管理、可視性を高める。IAMセキュリティでは、特定のクラウドへのアクセス権を可視化し、最小権限でのIDアクセスを自動的に確立するという。

 既に、Data Securityとウェブアプリケーション/APIセキュリティの機能モジュールを提供済み。IDベースのマイクロセグメンテーションとIAMセキュリティのモジュールは限定プレビューとして提供されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]