ベンキュー、ビジネス向けプロジェクター新機種--3つのモードで投影

藤代格 (編集部)

2020-11-16 07:15

 「BenQ」ブランドの国内販売を担うベンキュージャパン(ベンキュー、港区)は11月13日、ビジネス向けのDLP(Digital Light Processing)プロジェクターの新モデル「MS560」「MW560」「MH560」を発表した。

(左から)MS560、MW560、MH560(出典:ベンキュー) (左から)MS560、MW560、MH560(出典:ベンキュー)
※クリックすると拡大画像が見られます

 3つの表示モードを選択可能で、テキストと図表をクリアに表示できるという。MS560は11月20日、MW560は11月27日、MH560は12月14日に発売する。

 MS560とMW560は4000ルーメン(lm)、MH560は3800lmで、解像度はそれぞれ、SVGA(800×600)、WXGA(1280×800)、FHD(1920×1080)。

 コントラストは2万対1、色再現性は10億7000万色で、明るい部屋や広い会議室などのどんな環境でも正しい色を明瞭かつ鮮やかに投影できるという。

 輝度を強調して色鮮やかに表示する“プレゼンテーション”モード、高輝度でグラデーションに長けた“インフォグラフィック”モード、コントラストと明瞭さにフォーカスする“スプレッドシート”の3つのモードを用意。ニーズに合わせた正確な色彩を簡単に選択できるとしている。

各モードの表示イメージ(出典:ベンキュー) 各モードの表示イメージ(出典:ベンキュー)
※クリックすると拡大画像が見られます

 税込の想定価格は、MS560が5万円前後、MW550が5万9000円前後、MH550が8万円前後。

 ビジネスや教育向けに展開する2018年2月発売の「MS550」、6月発売の「MW550」「MH550」の後継機種と説明している。

筐体は296×120×221mm、約2300g(出典:ベンキュー)
筐体は296×120×221mm、約2300g(出典:ベンキュー)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]