編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

NEC、「学習型メディア送信制御技術」開発--AIで遠隔見守りを高度化

NO BUDGET

2021-01-13 16:29

 NECは「学習型メディア送信制御技術」を開発した。この技術は、車載カメラの膨大な映像データのうち、人工知能(AI)を活用し、信号機などの注目領域に絞って画質を高くすることで、送信データ量を削減するもの。これにより、危険予兆検知に必要な物体の検出、距離推定、レーン検出などの精度を維持しつつ、無線通信帯域を最大10分の1に削減できるとしている。

学習型メディア送信制御技術の概要(出典:NEC)
学習型メディア送信制御技術の概要(出典:NEC)
従来技術との比較イメージ(出典:NEC)
従来技術との比較イメージ(出典:NEC)

 具体的には、AIをカメラ映像の送信器に組み込み、管制センター側の物体検出や距離推定などの映像認識に必要な注目領域と最適画質を学習し、映像の送信制御をすることで、伝送するデータ量を大幅に削減する。無線通信帯域を削減して通信遅延を抑えるとともに、リアルタイムかつ安定的に高画質の映像データを伝送し、管制センターによる車など移動体の遠隔見守りの高度化に貢献する。

車外・車室内状況見守りソリューションの概要(出典:NEC)
車外・車室内状況見守りソリューションの概要(出典:NEC)

 またNECは、自動運転バスの複数の車載カメラから映像データを安定した通信でリアルタイムに伝送を行うことで、遠隔監視センターにて乗務員と同じように運行状況を把握する「車外・車室内状況見守りソリューション」にこの技術を採用し、2021年度中に商用化する予定だという。

 同ソリューションでは、伝送された映像データから交通参加者の位置/距離と道路の形状を推定して交通シーンを見下ろせる「シーン認識技術」による車外の危険状況の検知や、人物の姿勢を抽出する「姿勢推定技術」による車室内の乗員/乗客の異常な状態の検知を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]