編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

トランプ氏、サイバー攻撃へのクラウド悪用を防ぐための大統領令に署名

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-01-21 12:23

 Donald Trump前米大統領は退任前の米国時間1月19日、外国勢力による米国へのサイバー攻撃にクラウドコンピューティングプラットフォームが使われないようにするための大統領令に署名した。

PCに残された指紋の調査
Trump氏は、外国勢力による米国への攻撃にクラウドサービスが使われないようにするための大統領令に署名した。
提供: Pixabay/Illustration by CNET

 丸1日を大統領として過ごすのは最後となる19日に署名されたこの大統領令は、米国のクラウドサービスプロバイダーに外国ユーザーの身元確認などを求める規則の策定を商務省に命じるもの。

 この大統領令は、複数の米情報機関が5日、SolarWindsへのハッキングはロシア発の可能性が高いと発表したことを受けたもの。この大規模なハッキングにより、米財務省高官らが使用していた電子メールシステムや、その他複数の連邦機関のシステムが影響を受けたと報じられた。

 Trump氏は、米国に対するサイバー攻撃について、ロシアの関与を疑うことには消極的で、背後にいるのは中国だと示唆していた。

 米上院諜報活動特別委員会は2020年に報告書を公表し、Trump陣営が2016年の大統領選期間中、ロシアのハッカーらから提供された盗難資料を利用した複数のケースを挙げた。データの出所がロシア政府だとして米情報機関が警告した後も、そうした行為は続いたという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]