「Google I/O」、5月18~20日にオンライン開催

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2021-04-08 10:41

 Googleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は米国時間4月7日、2021年の年次開発者会議「Google I/O」を5月18~20日にオンラインで開催すると発表した。2020年は、世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大したことを受け、中止されていた。

 Google I/Oは例年、カリフォルニア州マウンテンビューの本社から徒歩圏にあるショアラインアンフィシアターで開催されていたが、2021年はオンライン開催となる。

Shoreline Amphitheatre in Mountain View, California
提供:James Martin/CNET

 Google I/Oは毎年、同社の最も重要なイベントとなっている。2019年には7000人以上の参加者が集まった。Pichai氏の基調講演では、Googleの最新の取り組みや重点分野などが語られる。ハイテク大手の同社による一般教書演説ともいえる。

 近年は、「Googleアシスタント」、スマートスピーカー「Google Home」、スマートグラス「Google Glass」など、大型の発表が行われている。2012年のGoogle Glass発表時には、Google Glassを装着してサンフランシスコ上空からスカイダイビングし、その映像を生中継するという派手なパフォーマンスを披露した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]