NEC、マイナポータルと連携したAIチャットボットを開発--20以上の地方公共団体に公開

NO BUDGET

2021-04-14 15:31

 NECは、マイナポータルと連携した人工知能(AI)チャットボットを開発し、2月26日~3月20日に地方公共団体へ無償公開した。

 今回、20以上の団体が利用し、そこから得られたフィードバックを踏まえ、NECはマイナポータルと連携して住民に合わせた回答を自動応答するAIチャットボットを「NEC自動応答」の追加機能として製品化することを予定している。

 近年、地方公共団体の業務負荷低減に向けて、チャットボットの活用が注目されている。だが、住民の自己情報を参照しない従来型のチャットボットでは、一般的な回答しか返せず、自動応答できる問い合わせ範囲が限られていた。

 今回、NECが開発したマイナポータルと連携したAIチャットボットでは、例えば住民が住民税やふるさと納税などの制度に関する質問をAIチャットボットに問い合わせると、AIチャットボットがマイナポータルと連携して所得や世帯情報といった住民の自己情報を参照する。そして、住民の状況に応じてパーソナライズされた回答を生成し、リアルタイムに返答する。この際マイナポータル連携で取得した自己情報は、回答を生成した後に削除される。

 これらの機能により、住民は来庁することなく、質問に対する適切な回答をオンラインで得ることができるようになる。さらに、今回利用した地方公共団体からのフィードバックによると、窓口における問い合わせ対応業務のうち、住民の本人確認と個人情報を参照する作業時間が、この仕組みの利用で2割程度削減できると見込まれているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]