GMO-SC、ECサイトでの量子コンピューター活用でblueqatと協業

NO BUDGET

2021-04-30 11:16

 GMOシステムコンサルティング(GMO-SC)とblueqatは、EC(電子商取引)サイトにおける量子コンピューターの活用に向けて協業を開始した。

 GMO-SCは、 ECサイトの構築支援事業を展開するGMOインターネットの子会社。blueqatは量子コンピューターと機械学習を中心に事業を展開するベンチャー企業。

 今回の協業では、GMO-SCが提供するECパッケージ「GMOクラウドEC パッケージEC」と、blueqatが展開する量子コンピューター向けアプリケーション開発環境「blueqat Cloud」と研究開発の成果を連携させていく。

 GMO-SCは、「組み合わせ最適化」の計算に量子コンピューターを用い、 ECサイトにおける商品の陳列方法やリコメンドなどへの応用に取り組んできた。両社の協業では、この取り組みをさらに強化するとともに、blueqatが取り組む量子コンピューターによる画像認識や自然言語処理などをGMOクラウドEC パッケージECに適用することを検討していく。

 組み合わせ最適化によるECサイト表示の最適化では、汎用的な量子ゲート型マシンで最適化問題を解くアルゴリズムである「QAOA」(Quantum Approximate Optimization Algorithm)などを、ECサイトにおける商品の陳列方法やリコメンド商品の選択などに活用することを想定している。

 また画像認識の活用による商品ラインアップの最適化では、ECサイトで使われている商品画像の特徴抽出を量子コンピューターによる画像認識などで行うことで、将来的には機械学習の技法を超えることを想定している。

 さらに自然言語処理の活用による検索結果/サジェストの最適化も進める。量子の特性である「量子もつれ」(quantum entanglement)を活用し、文章中の単語同士が離れていても意味が把握できるようにする。この自然言語処理機能を活用することにより、検索結果の最適化や検索時に表示されるサジェストの最適化などへの応用が想定されるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]