「Android」端末で空き容量を増やすには--余分なファイルを簡単に削除

Jack Wallen (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-06-25 08:30

 モバイルデバイスの問題の1つは、ほとんどの場合、ストレージを拡張できないことだ。128GBの内部ストレージを備えたスマートフォンを購入すれば、次に買い替えるときまでに空き容量が不足することはないと考えがちである。

 しかし、時間の経過とともに、撮影した写真と動画、インストールしたアプリ、保存したダウンロードが大量に蓄積されていくことにすぐ気づくはずだ。1年~2年使用すると、デバイスのストレージは残量が少なくなってくる。

 どうすればいいのだろうか。利用可能なストレージが不足し、デバイスに何も保存できなくなるたびに、新しいスマートフォンを購入しなければならないのだろうか。このままだと、写真を撮ったり、大切な瞬間を録画したり、共有したくてたまらないミームをダウンロードしたりすることができない。

 どうすればいいのだろうか。

 デバイスの空き容量を増やすだけでなく、デバイスの動作を高速化し、ユーザーの人格も高めると約束するサードパーティーアプリを「Google Play」ストアからをインストールすることも可能かもしれない。

 「うまい話には、たいてい裏がある」という古い格言を思い出してほしい。それは、ここでも当てはまる。Google Playストアにあるサードパーティーのストレージクリーナーアプリは残念なものが多いので、使うべきではない。

 幸い、「Android」OSの最近のほとんどのバージョンでは、デバイスの空き容量を非常に簡単に増やすことが可能だ。本記事では、その手順を紹介する。「Android 12」を搭載した「Pixel 6 Pro」を使って説明を進めるが、読者の皆さんのデバイスでも、手順は同じ(同様)であるはずだ。そうでない場合は、手順を少し調整するだけで機能するはずである。

 それでは始めよう。

ストレージをクリーンアップする

 Androidデバイスのストレージをクリーンアップするには、「Notification Shade」(通知シェード)を2回下にスワイプして、「Settings」(設定)アプリにアクセスする。「Settings」(設定)アプリ内で、「Storage」(ストレージ)を見つけてタップする(図1)。

図1

Android 12の「Settings」(設定)アプリケーションの「Storage」(ストレージ)の項目。
Android 12の「Settings」(設定)アプリケーションの「Storage」(ストレージ)の項目。

 「Storage」(ストレージ)の項目(図2)で、「Free up space」(空き容量を増やす)をタップする。

図2

Androidの「Settings」(設定)アプリの「Storage」(ストレージ)の項目では、何がデバイスのスペースを占有しているのかを一目で確認できる。
Androidの「Settings」(設定)アプリの「Storage」(ストレージ)の項目では、何がデバイスのスペースを占有しているのかを一目で確認できる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]