「Gmail」の新レイアウト、一部でデフォルトに--無効化は可能

Katelyn Chedraoui (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-06-30 12:01

 Googleは、「Gmail」の新しいレイアウトへの移行を促す次なる措置を講じる。この新しいレイアウトは、Gmail、「Chat」、「Meet」を1つの統合型インターフェースにまとめたものだ。同社は米国時間6月28日から一部のユーザーを対象に、Gmailの新しいレイアウトをデフォルトで表示すると発表した。

Gmailのロゴ
提供:James Martin/CNET

 以前のビューを使いたければ、右上の設定アイコンをクリックし、クイック設定メニューで新しいビューを無効にできる。新しいビューに自動的に切り替わらない場合に、クイック設定メニューで新しいビューを有効にすることも可能だ。

 Googleは2月、月間ユーザーが15億人を超えるGmailの、新しいレイアウトの提供を開始した。新しいデザインは、MeetやChatなどのプログラムをより適切に統合して、Gmailのメインのランディングページでより簡単にアクセスできるようにすることを目的としている。

 Googleは、新しいビューを無効にできなくなる時期について、共有できる情報はないと述べた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]