アップル、「Mac」のデスクトップ製品もDIY修理プログラムの対象に

Caroline Igo (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-12-21 11:55

 Appleは米国時間12月20日、4月に米国で開始したDIY修理プログラム「Self Service Repair」の対象をさらに拡大し、デスクトップモデルを追加した。同社がメールで米CNETに伝えたところによると、2021年型の「M1」搭載「iMac」、2020年型の「M1」搭載「Mac mini」、2022年型「Mac Studio」「Studio Display」を個人で修理できるようになった。

PCを修理する人物
提供:Apple

 ディスプレイ、スピーカー、ファン、Wi-Fiアンテナ、ロジックボード、オーディオボードなどの部品を交換・修理できる。「Self Service Repair」のオンラインストアで、Apple製の部品を購入したり、修理に必要な工具をレンタルしたりできる。

 同DIYプログラムは、6日から欧州8カ国(ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、スペイン、スウェーデン、英国)でも利用できるようになった。

 サービスや修理に関する詳しい内容は同社の説明資料で確認できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]