ZVC JAPAN、イベント機能「Zoom Events」「Zoom Sessions」の日本語版を提供

大場みのり (編集部)

2023-06-19 11:44

 ZVC JAPANは6月19日、没入感の高い大規模なバーチャル/ハイブリッドイベントの開催を支援するプラットフォーム「Zoom Events」、シングルセッションのイベント管理ソリューション「Zoom Sessions」の日本語版の提供を開始したと発表した。新機能は「Zoom」の有料版メニューで利用できる。

 Zoom Eventsは「Zoom Webinars」「Zoom Meetings」「ZoomTeam Chat」を統合した、イベント主催者向けの包括的なプラットフォーム。社内イベントや社外向けセミナーなどでの利用を想定し、シングルセッションのほか、複数日/トラックにわたる大規模なイベントも開催可能。加えて、講演者やイベント主催者向けのバックステージ機能を活用してイベント当日の運営負荷を軽減したり、分析レポート機能を用いて出席者のエンゲージメントを追跡したりできるという。

 Zoom Sessionsは、マーケティング/コミュニケーション担当者を対象としており、Zoom Eventsの機能をイベント主催者が1セッション単位で利用できる。同ソリューションは、製品発表会、エクゼクティブ向け座談会、マーケティング需要創出イベントなどでの利用を想定している。

 Zoom Sessionsでは、登録ページ、イベントロビー、同ソリューションのユーザーインターフェース(UI)を会社のブランドカラーやロゴでカスタマイズでき、ブランディングの強化も支援する。また、制作スタッフやパネリストが舞台裏でやりとりできる仮想バックステージ環境を提供する。

 ZVC JAPAN 代表取締役会長の下垣典弘氏は「人とのつながり方、学び方、働き方に並んで、この数年間で大きな変化をもたらせたことに『イベント』がある。イベント会場からの開放とその参加方法にも柔軟性を求める変化が続いている。結果として、拡張性が高くインタラクティブ、ワンストップで開催できるイベントプラットフォームへのニーズが高まっている」とする。

 その上で「Zoomが提供するソリューションにより、顧客向けイベントや各種企業イベントなどを開催してインパクトのあるバーチャル体験を提供し、より多くの人にリーチすることができる。この度日本のお客さまもこのイノベーションを活用して、出席者の心に届く印象的なイベントを手軽に開催できるようになった。この新たな機能が、ハイブリッドな働き方を定着させる一翼を担うことを期待している」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]