「ChatGPT」、ウェブアクセスが再び可能に--最新の情報に対応

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-09-29 08:55

 OpenAIは米国時間9月27日、X(旧Twitter)の投稿で、同社のチャットボット「ChatGPT」がインターネットにリアルタイムにアクセスして、出典元への直接リンクを提供できるようになったと発表した。「ChatGPT Plus」と「ChatGPT Enterprise」の加入者が対象だ。

ChatGPTがウェブからの情報を表示する画面
提供:OpenAI/ZDNET

 つまり、有料ユーザーに対しては、ChatGPTが提供する情報は2021年9月以前のものに限定されなくなる。

 ChatGPTは、Microsoftのウェブブラウザー「Bing」を介してインターネットにアクセスできる。5月の「Microsoft Build」で初めてこの提携が発表され、ChatGPT Plusのユーザーを対象にこの機能が提供開始された。しかし7月、ユーザーがペイウォールを回避するためにこの機能を利用したことを受けて、OpenAIはこれを削除していた。

 OpenAIは、この機能を5月に最初に提供して以来、「robots.txtに従うこと」や「ユーザーエージェントを特定して、ChatGPTとそれらの間のやり取りをサイトが制御できるようにすること」など、有益なフィードバックをユーザーから受けて、それを今回のアップデートに取り入れたことも明らかにした。

 ChatGPT PlusとChatGPT Enterpriseのユーザーがこの機能を有効にするには、「GPT-4」の下のドロップダウンリストで「Browse with Bing」を選択する必要がある。

 ChatGPT Plusの料金は月額20ドル(約3000円)だ。最新の情報を求めるユーザーにとっては、正確性と信頼性が高まることを考えると、この料金を支払う価値があるかもしれない。

 OpenAIは25日、「ChatGPT」は「見て、聞いて、話す」ことができるようになり、画像と音声の両方を入力として受け取り、音声で回答できるようになったと発表していた。

 この機能もChatGPT PlusとChatGPT Enterpriseのユーザーのみが対象で、今後2週間のうちに提供予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]